Life is enjoy and goodjob

人生、enjoyしながらgoodjobしてなんぼ。家族、DIR EN GREY、読書が好き。独自の視点で世の中を理解するのが楽しいんです。

ようこそiPhone6 Plus!さっそく操作感とかバッテリーの持ちを確かめてみた!

いろいろと言及してきたiPhone6 Plusの入荷についてですが、先日ようやく手に入れることが出来ました!パチパチ

 

そこで今回は、下記のエントリーでも書いたように、iPhone6 Plusについて気になっていることを確認してみました。


僕がiPhone6でなくiPhone6 Plusを選ぶ理由と不安な点 - Life is enjoy and goodjob


巨大化による操作感

iPhone4Sのときのように左手の片手持ちでiPhone6 Plusを操作しています。
5.5インチの画面は大きいので、全体を触ることを考慮して、真ん中辺りを持つことにしました。そうするとホームボタンが遠くなります。
真ん中辺りを持ちながらホームボタンを押すのは、やってみるとわかりますが至難の業です。押す方向がナナメからになるので、きちんと反応しません。iPhoneの下部を握りなおして押すことになって面倒です。

そこでAssistiveTouchの出番。

 

以前にも紹介しました下記のエントリーが参考になります。


iPhone 6 Plus がでかいんで Assistive Touch をオンにして片手操作を安定させた件 | なまら春友流


設定するとアプリアイコンと同じ大きさの半透明のボタンが現れます。
一度押すと、いろいろなメニューが表示されますが、「ホームボタン」しか使っていません。

 

 

と手にした当初は思っていましたが、AssistiveTouchはあまり使わなくなりました。
iPhone6 Plusの大きさに慣れるにしたがって、ホームボタンを使うようになってきました。
さすがに大きいので親指が疲れてくる感じはあります。

AssistiveTouchは、手が小さめで片手持ちしたい人には便利ですよ、というところですね。両手持ちだと不要な機能です。

(追記 )使用して2週間ほど経ちますが、AssistiveTouchは全く使っていません。

持ち運び 

スーツのズボンや、ジャージのズボン等のポケットの入り口が広いものだと、入れてもあまり違和感はなかったです。立ち上がったり、座ったりしていても思っていたほど気になりません。 最初のうちは手にとったときのサイズ感のほうが気になるくらいでした。

男性でしたら、ポケットの間口が大きいズボンを履いていれば持ち運びには苦労しないとおもいます。ジーンズのポケットは厳しいです。

女性は普段から手持ちのカバンに入れてるでしょうから、あまり問題にはならないかと思います。

 

電池(バッテリー)は長時間もつか?

iPhone4Sは電池が1日持ちません。ここ数カ月は携帯バッテリを持ち歩いていました。

iPhone6 Plusはどうかというと、あえて充電せずにバッテリー残量6%ほどまで使った時の「バッテリーの使用状況」が下記になります。

f:id:enjoy_goodjob:20141005164300j:plain

(「スタンバイ」が最後に充電したときからの経過時間)

普段の使い方だと、二日と半日は充電せずに済みました。パズドラをあまりしなかったら、もう少し長持ちしたかも?

アプリ毎にバッテリーの使用状況がわかるようになったのはいいですね。自分への戒めにもなる。。。笑


新品ですし当たり前といえば当たり前ですが、携帯バッテリを持ち歩かなくて済むようになり、荷物が減ってよかったです。

 

ランニングのお供

 

以前ご紹介したFlipBeltを購入しました。Amazonでポチりましたが明日か明後日に到着予定です。

 

iPhone6とFlipBeltでランニングしてきました | M4C

上記のエントリーだと、iPhone6のサイズでちょうどぐらいなので、iPhone6 Plusを入れるとどうなるか心配ではあります。


購入しました!


FlipBeltにiPhone6 Plusを入れて、ランニングしたらわかったこと - Life is enjoy and goodjob

 

まとめ

予約したauショップで聞くと、iPhone6 Plusの入荷状況は店舗によってバラツキがあるとのこと。
64GBは全く入荷できていないとも言っていましたね。
まだ手元に届いていない方は、在庫が潤沢な店舗を見つけて予約しなおすのも手かもしれません。

 

あなたの参考になれば幸いです。

広告を非表示にする