読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is enjoy and goodjob

人生、enjoyしながらgoodjobしてなんぼ。家族、DIR EN GREY、読書が好き。独自の視点で世の中を理解するのが楽しいんです。

DIR EN GREYのツアー名「FINEM LAUDA(フィーネム・ラウダー)」調べてみた。とToshiyaさんのcameran発言は期待を煽りまくってる件について。

DIR EN GREY

f:id:enjoy_goodjob:20140205002139j:plain

photo credit: izarbeltza via photopin cc

 

「FINEM LAUDA(フィーネム・ラウダー)」とは

ラテン語で「終わりを称えよ」という意味です。
グーグル先生に聞いてみたら、一番上に表示されていました。あっけない。
 

Finem lauda. | 山下太郎のラテン語入門

「フィーネム・ラウダー」と読みます。finem は「終わり」を意味する第三変化名詞 finis の単数対格です。lauda は「称える」を意味する第一変化動詞 laudo の命令法・能動相・現在、二人称単数です。「終わりを称えよ」と訳せます。音楽や演劇に関しては、幕が閉じるまで待って評価すべきであるという趣旨の格言です。一歩進めて、人生に関しても、ある人物の正当な評価はその人の「終わり」すなわち「死」の後はじめて行えるというふうに解釈することも可能だと思います。
 
ニコニコ生放送でのToshiyaさんの発言でも同じことを言っていましたね。何の「終わり」なのかといえばアルバム「DUM SPIRO SPERO」のこと。
 
きたる3/8(土)・9(日) 日本武道館にて「DUM SPIRO SPERO」の名を冠したライブが開催されます。
意味は「生ある限り希望を捨てず」
「DUM」が「~間」、「SPIRO」が「息をする」、「SPERO」が「希望をもつ」という意味だとか。
 
ニコ生での発言を聴くかぎり「終わり」というより「区切り」という感じが近いようです。UROBOROSでも、今回と同様に区切りとして2012年1月22日に大阪城ホールで公演を行いました。
そういえば最後にDIR EN GREYのライブに参戦したのが、その大阪城ホールでしたね。なつかしい。
↓の「TOUR2011 AGE QUOD AGIS Vol.2 [U.S. & Japan](初回生産限定盤) 」にその模様が収められています。さすがに僕は映っていませんでした笑
 

2月6日なんばHatchから始まるツアーが楽しみすぎる!参戦できないけど!

「DUM SPIRO SPERO」公演の前哨戦となる「FINEM LAUDA -「a knot」only-」ツアーが、明日2月6日 大阪のなんばHatchから始まります!ファンクラブ限定ではありますが、最近の急激な冷え込みをひっくり返すような熱いツアーになることでしょう!
 
cameran公式アカウントでのToshiyaさんの発言を見る限り、ちょっとしたサプライズがありそうですね。参戦できないですが、皆さんのレポートが楽しみです。
 
実は今日、なんばHatch周辺にいったんです。冬場で荷物がかさばるでしょうし、ロッカーの配置でもお伝えしようと思ったんですがやめときました。(歴戦の虜様方は、そういった情報は百も承知でしょうかね・・・?;;)
明日は開演前後ぐらいにぶらっと立ち寄ってみようかな。ロッカーのことが載ったサイトもついでに掲載しておきますね。

 

ほんと昨日ぐらいから寒さが厳しくなっているので、皆さん体調管理には十分ご注意を!

広告を非表示にする