読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is enjoy and goodjob

人生、enjoyしながらgoodjobしてなんぼ。家族、DIR EN GREY、読書が好き。独自の視点で世の中を理解するのが楽しいんです。

俺たちかっこいいですけどなにか?DIR EN GREYの新アルバムARCHE(アルケー)が伝えるシンプルなメッセージ

f:id:enjoy_goodjob:20141210020903j:plain


めっきり寒くなりましたね。

早くも雪による災害が発生したりと、今冬は荒れた天気が続くんでしょうか。
心配ですね。

 

さてDIR EN GREYですが、12月10日発売の新アルバム「ARCHE(アルケー)」を手に入れました!Amazonさんありがとう!
アルバムのレビューは別のエントリーでするとして、僕が感じた「DIR EN GREYがARCHEに詰め込んだメッセージ」をお伝えしようとおもいます。


DIR EN GREY 2.0とでも言うべき変化

発売前にインタビュー記事が掲載されている雑誌を取り揃えました。
やはりインタビューを読むのは面白い!

製作現場の変化について書かれていましたが、これは2014年1月発売のSUSTAIN THE UNTRUTH以前から起こっていたことですね。
以前のエントリーにも書きました。
「曲を作りこみすぎず感覚で演奏したい。」「事前に音合わせをして曲の雰囲気を先に感じてから曲を作る」という手法ですね。

 

f:id:enjoy_goodjob:20141210022113j:plain

完全生産限定盤に付属するインタビュー冊子の薫さんの言葉が、ARCHEの製作意図を表しています。
まさに根源です。

「その都度メンバー間で話しつつ、それぞれが持っているものを最大限にいろんな人に伝わるように出してみようというか。わかる人がわかってくれればいいやっていうような考え方は今回はしないで行こうと。


薫さんの言葉を裏付ける変化が最近のDIR EN GREYに見て取れます。
ARCHEの宣伝活動が以前と違っているのに皆さんお気づきでしょうか。

 

そうです、広告です。

 

今までの作品の場合
・音楽雑誌(アルバムの広告とメンバーインタビュー)
・CDショップの大型広告や店頭ポスター

ARCHEの場合
・音楽雑誌(アルバムの広告とメンバーインタビュー)
・CDショップの大型広告や店頭ポスター
・インターネット広告 ←NEW!!

従来の広告にインターネット広告が加わりました。
ARCHEのアーティスト写真と「あなたは、この激痛に耐えられるか?」のメッセージが添えられた広告を目撃した方も多いんではないでしょうか。

 


DIR EN GREY「ARCHE」のネット広告が果たして効果があるのか甚だ疑問でしょうがない | Gadget Zombie Parasite


しんぺーさんが詳しく取り上げてらっしゃいました。
「アルバムよりツアーの広告をうったほうがよかったのでは?」という指摘に、僕も同意です。
ただARCHEの意図を考えるとアルバムの広告でよかったように思います。

 

それにしてもこの変化は興味深いです。

「売れるものを作っていない」とか「理解できる者だけがついてこればいい」と豪語していたDIR EN GREYが、熱心にインターネット広告を活用しだしたんですよ。

ニコニコ生放送などでインターネットを活用した宣伝活動は行っていましたけどね。今回もARCHEウィークなるものを開催していますね。


DIR EN GREY CHANNEL - ニコニコチャンネル:音楽

 

DIR EN GREYってかっこいい!

上記でのARCHE付属のインタビュー冊子の薫さんの再度引用します。
これもまたARCHEに込められたメッセージです。

俺らかっこいいんやでって、もっともっと周りの人が言えるような存在になっていこうかなとか。~中略~だから、もっともっといろんな人に聴いてもらって、いろんな人がライヴに来たくなるような感じに、戻っていかなあかんのかなあとか、そういうことをちょっと思い出したというか・・・・・・」

ここで薫さんが「もっともっと・・・」と2回使って強調しているところが、本心を伝えています。

つまり「DIR EN GREYはかっこいいんだ!いろんな人に聴いてもらおう!」というシンプルな想いを込めてARCHEを作り上げたということ。
いやいや、かっこいいの知ってますからって感じですがね。

前々から「いかにかっこいい音楽を鳴らすか」ということを意識して作品を製作していたのは知っていましたが、明言するのは初めてでしょう。

 

しかしこれだけ熱い想いをぶちまけるのが、生産限定盤のインタビューというのはもったいない!!笑
もう少しメディアに露出して素直な想いをぶつけてほしいもんです。この辺りは本当にシャイボーイなんだなと思いますね笑

 

そしてDIR EN GREYの表現する「痛み」は、東日本大震災を体験した日本には、特によく響くと思うんですよね。
しかしながら震災に限らず「痛み」というのは人間が生きている限り、必ず向き合わなければならない事柄なので、DIR EN GREYは日本のみならず人間に必ず受け入れられるバンドなんですよ。
だからこそ、僕はこれだけ多くのDIR EN GREYについてのエントリーを量産してきたんです。
「みんなDIR EN GREYかっこいいぞー!気付け~!」という想いからです。

 

バンドの姿勢が自分たちのかっこよさ、自分らしさを広める方向になったのは嬉しい限りです。れりごー。

 

まとめ

人間の「痛み」に寄り添える力量、器の広さをDIR EN GREYは持っていると確信しています。
現在催行中のツアー「TOUR14-15 BY THE GRACE OF GOD」のレポートで伝わってくるメンバーの表情などからみても間違いありません。

 

そしてなにより、DIR EN GREYはめちゃくちゃかっこいいバンドです。

 

DIR EN GREYのアルバム「ARCHE(アルケー)」は本日2014年12月10日(水)発売です。

Youtubeの視聴でも片鱗が味わえますが、実際に全編通して聴かないと、このかっこよさは伝わりません。
少しでも気になった方は、お手にとってみることをおすすめします。

 

<参考リンク> 

DIR EN GREY 公式サイト


DIR EN GREY OFFICIAL SITE

 

DIR EN GREY 新アルバム「ARCHE(アルケー)」特設サイト


DIR EN GREY 9th ALBUM『ARCHE』(2014.12.10 RELEASE) 特設ページ | DIR EN GREY OFFICIAL SITE

 

 

広告を非表示にする