読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is enjoy and goodjob

人生、enjoyしながらgoodjobしてなんぼ。家族、DIR EN GREY、読書が好き。独自の視点で世の中を理解するのが楽しいんです。

仕事早すぎ!初期不良のiPhone6 Plus付属イヤホンをAppleに無償交換してもらった

iPhone・iPad Apple

 

10月2日に待ちに待ったiPhone6 Plusを手に入れたのですが、ひとつ残念なことが起きていました。

 

付属イヤホン(EarPods)の右側が聞こえないんです。※別のイヤホンでは両側から聞こえる


せっかくのEarPodsが台無しです。

実は左側だけが聞こえていても、以前のイヤホンと比べて低音がしっかり聞こえているな、ということがわかりました。
DIR EN GREYの『Bottom of the death valley』のベースイントロの聞こえ方が全然違っていて気付きました)

 

音質を伝えるために、あえて右側が聞こえなかったのかもしれません笑


Appleの保証

よくある「1年保証」ってやつですね。

Apple - Legal

もちろん初期不良は対象になります。
その他の場合はAppleのサポートや直営店に直接確認してください。

 

無償交換までの道のり

iPhone5付属のイヤホン、無料の交換ができる!! - NAVER まとめ


上記のまとめ記事を参考にしました。

<準備するもの>
iPhoneのシリアル番号(iPhoneの背面下部に書いてあるIMEI番号)
②電話番号
③名前
④住所
⑤メールアドレス

<手順>
Appleサポート(0120-277-535)へ電話
②プッシュホンで2を選択→オペレータへつながる

 

準備するものの①iPhoneのシリアル番号(IMEI番号)ですが、実はシリアル番号とIMEI番号は別々のものです。

実際はどちらを伝えても大丈夫なんですがわかりにくいです。

iPhoneが入っていた箱の裏を見てみましょう。

f:id:enjoy_goodjob:20141008235743j:plain

「Serial№」と「IMEI/MEID」の二つの文字列がそれです。
(僕の筐体のシリアルナンバー(Serial№)は12桁、IMEI/MEIDは15桁です。)
このどちらかをオペレータに伝えるとiPhoneを個別に識別できるようです。


NAVERまとめではIMEI番号と書かれていますが、僕はシリアルナンバーを伝えても問題はありませんでした。

すぐに「iPhone6 Plus 128GB スペースグレイですね?」という問いかけがきました!

 

その後、②~⑤を伝えます。

 

オペレータ「お客様によって交換のお手続きが異なります。」
僕「どういった方法がありますか?」
オペレータ「ヤマト運輸様が直接受け取りにいき、故障したものと交換をさせていただくことができます。」
僕「それでお願いします。」
オペレータ「かしこまりました。ご連絡はメールアドレスでよろしいですか?」
僕「はい。(メールアドレス伝える)」
オペレータ「後ほど確認のメールをさせていただきます。ヤマト運輸様は2,3日後にはお伺いできるかとおもいます。」
僕「ありがとうございます。お願いします。」

ヤマト運輸さん以外の方法を聞きそびれたので、どういった方法があるのかは各自でご確認を・・・)


Appleサポートへ電話したのが10/7。
なんと翌日の10/8に、ヤマト運輸が交換をしに家までやってきていました!
2,3日後と聞いていたのに次の日に対応とか!Appleヤマト運輸、仕事はええ!

 

しかしそう上手くはいかず、、、

 

そういうときに限って、初期不良イヤホンを仕事カバンに入れっぱなしという。。。
そういうときに限って、奥さんが早めに帰宅していてヤマト運輸と対応できていたのにっていう。。。

 

奥さん「壊れたイヤホンは!?」
僕「(仕事場で)あ、持ってきてる・・・」
奥さん「わかった・・・」

 

せっかくのタイミングが台無しでした。。。2,3日と聞いていたので油断しました。。。

ヤマト運輸には今日無償交換してもらいます。

早くこないかなー

---10/9追記---

無事にEarPods 届きました!低音がよく聞こえる!

 

広告を非表示にする