読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is enjoy and goodjob

人生、enjoyしながらgoodjobしてなんぼ。家族、DIR EN GREY、読書が好き。独自の視点で世の中を理解するのが楽しいんです。

【DIR EN GREY】下手位置には意味があった!バンドを見守るプレイヤー「薫さん」を図解してみる

DIR EN GREY

 

「TOUR12-13 IN SITU-TABULA RASA」を観ていてふと気になったことがありました。

 

「薫さん、一歩引いて演奏してる?」

 

薫さんって、他のメンバーに比べると、鬼気迫るプレイをするイメージが薄いんですよね。映像が主ですが。

別に悪い意味でもありません。

 

落ち着いているようにもみえるし、冷静に演奏しているなぁ、と思ってました。

「目」がプレイだけを見ていない気がしたんです。他にも気にすることがあるのかなと。 

 

「立ち位置と視点」を考慮すると納得できました。

 

演奏中もステージを見渡して、何か異変があれば、すぐに対応なり手を打ちたいと考えた場合、どこが一番適した場所だとおもいますか?

もちろんスタッフさんがいらっしゃるステージの袖もそうなんですが、薫さんがいる下手の端側も全体を見渡せやすいんです。

 

図解すると下記のようになります。

 

f:id:enjoy_goodjob:20140323131426p:plain

 

ギター・ベースを持つと、自分からみて「左下」に視点が向くことになります。フレットをみることが多いからですね。

対してボーカルはステージでは一番客席側にいます。後ろを振り向かない限り、バンドは見えません。むしろ京さんは見ないでしょう。

そしてドラム。ステージの後方かつ高い位置にあるので全体が見渡せそうですが、ドラムセット自体が邪魔で、手前が見えません。何かあってもすぐ動けないでしょうし。

 

f:id:enjoy_goodjob:20140323131449p:plain

 そして薫さんの下手位置。

 

この場所が一番労力が少なく、バンド全体を見渡すことができます。

顔を上げ、少し左を見るだけでバンド全体が目に入ります。

他の位置で、これだけ簡単に全体を見渡すことができる位置はありません。

 

おそらくここまで考えてこういう立ち位置にしていると思います。「責任感」からか「気にしぃ」(関西だけかな、わかるのは?)からなのかは分かりませんが笑

多分デビューしたときからですよね?さすがリーダー。

 

たまにはこういう「視点」からの記事もありかな、と思います。

DIR EN GREYを楽しみきるための一助になれば幸いです。

 

 

ついでにDIR EN GREYが荒ぶっているときの視点も置いておきますね。Toshiyaさんは回ってるイメージ。

 

f:id:enjoy_goodjob:20140323131522p:plain

 

広告を非表示にする