読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is enjoy and goodjob

人生、enjoyしながらgoodjobしてなんぼ。家族、DIR EN GREY、読書が好き。独自の視点で世の中を理解するのが楽しいんです。

ディルさんは、SUSTAIN THE UNTRUTH 発売まで1週間切ったら、3つも公式動画をアップしてくださった

3つもSUSTAIN THE UNTRUTH関連の動画がアップされています!珍しく太っ腹ですねぇ!


DIR EN GREY - SUSTAIN THE UNTRUTH 60sec ...
DIR EN GREY - SHIBUYA PUBLIC HALL LIVE Trailer ...
DIR EN GREY - SUSTAIN THE UNTRUTH (Scenes ...

 

 

そしてお詫びがございます。

以前の記事で「京さんのあの風貌から、新譜のメロディーはなんか合ってない気がしますねぇ。」と申しておりましたが、全然そんなことはなく、京さんのコープスペイントは曲の構成に大変マッチしております。申し訳ございません。

 

怪しくささやくようなAメロから一転、ある種の美しささえ感じさせてくれるサビ、相変わらずディルさん達は僕らを魅了してくれます。

60秒だけでの印象ですが、今までの「縦に積み上げる」のではなく「横へゆったりと引き延ばした」曲調ですね。雑誌のインタビューにあったように、バンド全体での編曲手法を変えた結果がよく現れています。DIFFERENT SENSEと聞き比べてみましたが、やはり全体として音数が減ってすっきりした印象です。

 

そして2つ目は、完全受注生産限定盤のみの「2013年5月24日渋谷公会堂公演のLIVE映像」

予約したのでこちらも楽しみです。

 

3つ目は、「SUSTAIN THE UNTRUTH (Scenes From Recording)」として、スタジオでメンバー揃っての編曲作業の映像です。

雑誌インタビューによると、ここ10年ほどは曲作りといえば個々人がMacに向かって作りこんだものを録音して、実際にバンドとして合わせるのはライブのリハーサルの時に、というのが通例だったようです。その通例を変えたレコーディング風景の様子です。

しかし「編曲作業は、バンドで音出ししてから作り上げるのが普通のバンドだろう」というのも認識していたようで笑。10年ほど前(鬼葬の頃)まではその方法をとっていたとのこと。PCと向かい合うことをやり込んで、1周して元通りになったようです。

 

さぁ、1月22日のSUSTAIN THE UNTRUTH発売まで残り1週間を切りました!発売日まで、この3つの動画をリピートしまくって、待ちわびましょうか!

 

SUSTAIN THE UNTRUTH(初回生産限定盤)(DVD付)

SUSTAIN THE UNTRUTH(初回生産限定盤)(DVD付)

 
広告を非表示にする