Life is enjoy and goodjob

人生、enjoyしながらgoodjobしてなんぼ。家族、DIR EN GREY、読書が好き。独自の視点で世の中を理解するのが楽しいんです。

【書評】『月給プロゲーマー、1億円稼いでみた』梅崎伸幸 主婦と生活社

 

 

どうもenjoy_goodjobです。

タイトルを見て閲覧してくださったみなさんは「e-Sports」や「プロゲーマー」という言葉を聞いたことがあるかと思います。
ゲームだけで生活できるものなの?賞金で一攫千金?怪しくない??
気になりますよね。

エレクトロニック・スポーツ(英: electronic sports)は、複数のプレイヤーで対戦されるコンピュータゲーム(ビデオゲーム)をスポーツ・競技として捉える際の名称。 eSports(eスポーツ)と省略した形で使われることのほうが多い。

エレクトロニック・スポーツ - Wikipedia

dic.nicovideo.jp

 

ご覧のように新しい言葉ではあるものの、最近注目を集めています。

プロゲーマーのフルタイム雇用/月給制をいち早く導入し日本のe-Sportsシーンを牽引するプロチーム「Detonation Gaming(デトネーション ゲーミング)」のCEOであり株式会社Sun-Genceの代表取締役である梅崎伸幸氏の著書「月給プロゲーマー、1億円稼いでみた」をご紹介します。

ウメハラ氏やときど氏などプロの格闘ゲームプレイヤーも多数の書籍を出版されていますが、e-Sportsシーンでマネージャーをされている方の著書としては初めてではないでしょうか。

 

enjoy_goodjobのゲーム観

書評に入る前に僕のゲーム観についてお話しさせてください。
書評はよ!って方は飛ばしてくださいね。

 

僕は1982年生まれ、今年で35歳になります。
ゲームとの出会いはファミコン(1983年発売)でした。友達との遊びといえば、外で遊ぶかファミコン、というのが当たり前になる初めての世代ですね。
著者の梅崎伸幸氏も1983年生まれですので世代は同じです。

僕たちはテレビゲームと共に成長してきた世代とも言えます。

でもゲームをするってどこか後ろめたくないですか?

ゲームはテレビと並んで「親から怒られる対象」だからだと思うんですね。
親に小言を言われながら泣く泣くゲームを止めた経験があるかと思います。
みなさん「そうそう!」とうなずいてらっしゃることでしょう笑
対して、テレビは親世代も観るからそこまでは怒られない。なんという不条理。

僕らの親世代から目の敵にされていたゲームが今、日の目を見ようとしているんです。e-Sports知名度向上によってお金の流れが大きくなってきたからです。
ファミコンど真ん中世代が社会に出てきたことも影響しているかと思います。

大会での賞金やスポンサー収入といったお金の話が絡むとはいえ、僕たちの幼少時代には想像もできなかったことがこれから起きようとしています。
親がこんな状況を目の当たりにしたら「もっとゲームしなさい!」なんて小言を言うかもしれません。
そんな時代が目前に迫ってきています。

みなさんが感じていた「ゲームをプレイする後ろめたさ」をe-Sportsがきれいさっぱり払拭してくれることでしょう。


▼本書の読みどころ

▼プロゲーマー
e-Sportsシーンの現状
e-Sportsシーンのこれから

 

▼プロゲーマー

▼▼プロゲーマーチームDNGについて

DNGのゲーミングハウスでは「League of Legends」というタイトルをプレイする選手たち(Detonation Focus Me, 以下DFM)が寝食を共にして生活しています。梅崎氏やその他スタッフは別の住まいから通っており、体制が整ったのはここ1年だそうです。
「ゲームをすること」が仕事であり、パソコンや周辺機器が揃った環境で24時間ゲームに集中できるようになっています。

▼▼プロゲーマーとしての立ち居振る舞い

プロゲーマーにも社会人としての常識が身についていることを大事にしており、コミュニケーション能力やチームにきちんと貢献できるかどうかが査定されているとのこと。毎週月曜日はジムの日(ランニング、筋トレ)になっているとも。
「ゲームが好きだとしても向き不向きがあるので適性をきちんと見極める」「プロたるもの身だしなみには気をつける」などなど。

僕も社会人10年目を超えましたが、社会人としても非常に大事だということを痛感しています。

▼▼プロゲーマーの収入

DNGの収入=7割:3割=スポンサー料:グッズ販売+イベント出演料+賞金
意外にも大会賞金は臨時収入とのこと。特に日本は規制が多く高額の大会は開かれていないので当然といえば当然ですね。

そして選手個人の給与。

こういう下世話な話題って好きでしょ?笑

DFMの一軍の選手平均で月給20万円+(イベント出演料+グッズ販売)。強ければさらに上乗せされるそう。
実力主義でわかりやすいですね。
ただ衣食住の費用はDNG持ちなので、税金を差し引かれた全額が選手の自由になるようです。

 

e-Sportsシーンの現状

▼▼e-Sportsのジャンル

e-Sportsとして確立しているジャンルは、格闘、シューティング、カードゲーム、スポーツ(サッカー等)、LoLをはじめとするMOBA(MUlti Online Battle Arena)
日本が唯一世界に通用するのは格闘ゲームストリートファイターウメハラ選手が有名ですね。

▼▼e-Sportsの賞金

直近だと、2017年6月10日(土)にベルサール高田馬場で行われたesports大会「RAGE(レイジ)」の賞金は3タイトル合計で1200万円を超えています。

『Shadowverse(シャドウバース)』:700万円超え
ストリートファイターV』:300万円
ウイニングイレブン 2017』:200万円

cyber-z.co.jp

 

世界に目を向けると賞金額がものすごいタイトルがあります。
「Dota2(ドータ ツー)」というタイトルで賞金総額なんと22億円!
課金システムに賞金が莫大になる仕組みがあるとのこと。すごい額です。

DNGに所属するDFMが競技を行っているタイトル「League of Legends」の賞金総額は2億円強。
Dota2には見劣りするものの1タイトルでもRAGEの3タイトルの20倍弱という数字です。

 

▼▼e-Sportsの市場規模

(本書には含まれていない内容です。enjoy_goodjob調べ)

市場規模は2016年の全世界で約1000億円だったそう。

2016 年世界 e スポーツ市場規模は、8.92億米ドル。 スポンサーや広告での収入が約7割。

jp.gamesindustry.biz

 

▼▼競技人口

下記は競技人口が多いスポーツ。
1位 バスケットボール 4億5,000万人
2位 サッカー 2億5,000万人
3位 クリケット 1億5,000万人
4位 テニス 1億1,000万人
5位 ゴルフ 6,000万人

e-Sportsは1億人超と言われているので、複数タイトルとはいえ3~4位になります。

 

e-Sportsシーンのこれから

▼▼プロゲーマーのセカンドキャリアは明るい

プロゲーマーを引退した後はゲームやパソコン関連企業はもちろんのこと一般企業からも引く手あまたとのこと。戦略をもってチームプレイができて、なおかつ成果を出している人は重宝されるに決まっています。

アスリートがセカンドキャリアとしてスポーツ用品メーカーやスポーツキャスターへ転職するのと一緒ですね。

 

▼▼2022アジア競技大会e-Sportsが正式種目として追加

jp.gamesindustry.biz

アジア競技大会とは、アジアの国々のための総合競技大会で「アジア版オリンピック」とも言われています。基本的に、オリンピックと同様のスポーツが行われるが、アジアの地域性を反映したオリンピックにはない独特の競技も行われている。
団体競技では翌々年のオリンピック出場枠を争うアジア予選を兼ねる場合があり、個人競技でも同じ国の選手同士で翌年度に集中する夏季オリンピック選考の重要な前哨戦ともいわれる。

アジア競技大会 - Wikipedia 

 

2024年のオリンピックにはe-Sportsが正式種目になっていることは確実でしょう。しかしながら梅崎氏の目標は「2020年東京オリンピックe-Sportsを公開種目にする」としておりIOC国際オリンピック委員会へ働きかけているそう。

僕もそうであってほしい!!

 

▼著者 「梅崎 伸幸氏」

プロゲーマーという言葉が日本で一般的になるより以前からe-Sportsシーンで活躍されていた梅崎伸幸氏
プロチームDNGを率いるCEOという立場ですが数年前まではプレイヤーとして活躍されていました。
Counter Strike」というゲームで世界大会に出場するほどの腕前だったそうです。
また日本eスポーツ連盟共同代表理事も務められています。

 

▼おまけ 本書の装丁

装丁はファミコン世代には懐かしいドット絵です。Zerost選手が似すぎていてかわいい笑

 f:id:enjoy_goodjob:20170707013150j:image

 

▼まとめ


以上、本書の内容をお伝えしましたが、いかがでしたか?

 

特に読んでほしいのは「ゲームをしない方」なんです。

f:id:enjoy_goodjob:20170707015147j:plain

人はどうしても「見たい情報」しか見なくなります。自分の常識に縛られ、見知ったものしか受け付けなくなります。特に歳を重ねるとそうなってしまいます。
ゲームと縁が少ない方にこそ、手にとっていただきたいです。

 

f:id:enjoy_goodjob:20170707015303j:plain

もちろんゲームが好きな方にも読んでもらって、発展していくe-Sportsシーンの現状、課題を知ってもらいたいです。
ゲームをするだけではなく、このエントリーのように幅広い方に知ってもらうような活動をしてもいいでしょう。
僕は上手くはありませんがゲームが好きで、文章を書くことが苦にならないのでこうやってお伝えしています。
好きなことがあれば声高に好きだと叫んでください。言わないままだとあなたの気持ちは誰にも知られず終わってしまいます。発信者のモチベーションにもつながるでしょうからあなたの声を届けてあげてください。(このエントリーに対する感想をもらえると喜びます。)

 

僕も積極的にe-Sportsに携わりたいなぁ、と考えています。
プレイヤーというのはシーン全体からみるとほんの氷山の一角ですからね。
大会実況・設営や広告、選手に対するサポート、プロチームのファンなどの様々な人々を巻き込んでe-Sportsシーンは成り立っています。
まさに今のメジャースポーツと同じですよね。

世の中からゲームをすることの後ろめたさをなくしたいんです。
実際、僕のコンプレックスだったりします。
サッカーや野球、バスケットボール等メジャースポーツをするとなったら積極的に応援されるのに、いざゲームとなると途端に非難されるのはどうしても納得がいかないのです。
人と人が競い合う同じスポーツじゃないか!!、と。

 

e-Sportsがメジャーになったと判断できる一つの指標は「ご贔屓のチームが敗れた翌日に機嫌が悪くなるオヤジが出てくる」ことだと思います。

f:id:enjoy_goodjob:20170707014723j:plain

※画像はイメージ


DFMが惨敗した日にゃ1日機嫌が悪い、近づくな、と周りから敬遠されてしまうようなオヤジ。
それだけそのチームを期待して応援しているってことですよね。
気持ちが入って熱量が高いということは周りにも伝搬しているはずです。

 

 

f:id:enjoy_goodjob:20170707020138j:plain

 

じゃ、これから皆んなでe-Sportシーン盛り上げちゃいますか。

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!!

 

<2017/7/9追記>

本日Vainglory大阪オフ会に行ってきました!
いろいろいただきました。
・Detonation Gaming ふみやっちょ選手のサイン※ゲーム内での名前=ViviRoyal(あえて梅崎本)
・期待の新星U者君のサイン
・リストバンド「vainglory off in Osaka」

f:id:enjoy_goodjob:20170710000625j:image

 

<2017/7/6追記>

7/3~6の日程で行われていた LoLの地域大会「Rift Rivals」で日本代表チームが東南アジア代表チーム、オセアニア代表チームをおさえ優勝しました!おめでとうございます!

 

LoLの地域大会「Rift Rivals」公式ページ

jp.lolesports.com

 

【書評】『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である』中島 聡(文響社)

「あなたは締め切りを守ったことがありますか」

学生時代の宿題に始まり、社会人になってからも”締め切り”はしつこくつきまとってくる厄介な存在です。

著者である「伝説のプログラマー」中島聡さんは夏休みの宿題をきっかけに生まれた「ロケットスタート時間術」をつかって「締め切りを死守することによるメリット」を享受してこられました。たとえばWindows95のプロトタイプ(最低限の機能で動作するプログラム)をプレゼンしてビル・ゲイツに認められた結果、発売に至った逸話などが本書に詳しく書かれています。

締め切りは先だからといって悠長にかまえていると予測していなかった事態が起きてしまい締め切りが守れなかった、という経験が誰にでもあるとおもいます。
”締め切り"という言葉に居心地のわるさを感じてしまう全人類にオススメしたいのが本書です。

 

ロケットスタート時間術とは

ロケットスタート時間術」では締め切りまでの期間を仮に10日間と設定しています。中島さんは最初の2日間で全体の8割の仕事を終わらせろ、というのです。(実際には2割をロケットスタート、残り8割を流しで仕事を行う)
理想ではありますがなかなかむずかしいですよね。
勢いに乗って3日目も頑張って残りの2割を終わらせよう、という流れになりそうですが、ここからの話が興味深いのです。
中島さんは「残り8日間で2割の仕事と細々した雑務をしなさい」というのです。というのも3日目に10割仕上げてしまうと、上司に「仕事を早く終わらせられる」という期待から、次々と仕事を振られ物理的に余裕がなくなってしまうからです。

ロケットスタート時間術」が軌道に乗ると仕事だけでなく人生にも影響を与えるようになります。
余った時間ができるので、キャリアアップしようと勉強する方もいらっしゃるとおもいます。中島さん自身も好奇心が旺盛な方で、興味がある分野については日々勉強されています。勉強に関して中島さんからの注意があります。
それは「勉強のための勉強をしない」こと。「なんとなく将来に役立つかもしれない」という理由でしてしまう勉強のことですね。そんな勉強は長続きしません。
強烈な動機があり、必要に迫られれば人間は大抵のことができるようになります。
勉強というものはあくまでツールであり、目的ではないのです。

 

好きなことをやり続けるのが幸せな人生

「勉強のための勉強」を敬遠していた中島さんがMBAを取得するほど追い詰められたときのこと。
中島さんがマイクロソフトから独立して設立したUIEvolutionですが、順風満帆ではなかったそうです。
MBAに意味はなかったと言い切ってしまいます。
「なぜマイクロソフトに在籍していたときのようにうまくいかないのか」自問自答したところ、ひとつの答えが見つかります。
それは「Windows95のチームが特別だった」ということ。
「俺たちが何よりもまず先にWIndows95を出して、まずアップルをぶちのめす」「IBMをぶちのめす」「そうして、世界に俺たちのほうが正しいことを証明してやる」といった意識を共有するチームだったそう。
ある意味、過激ではありますが、チーム全体の士気が非常に高かったことが伺い知れます。
そんな”怖いもの知らず”なWindows95チームに所属していた時期はすごく楽しかった思い出しかない、とのこと。

共通の目的をもった者同士が目的にむかってひたむきに走り続けていたときこそ、結果が出るのです。

人生にとって一番大切なのは、自分の好きなことをやり続けること。幸せになれる行動を取らない限り、人は幸せにはなれないということ。
いくら有用な時間術を駆使しても幸せになれなければ意味がないのです。

時間術を意識しなくても圧倒的な結果を残したWindows95チームのように。

ロケットスタート時間術は嫌なことから逃れたいときに効力を発揮します。自分の幸せのため好きなことに打ち込みましょう。
もし今好きなことが見つからなくても大丈夫。この時間術で作り出した時間を使って"好きなこと探し"を始めましょう。

幸せになるために中島さんが絶対にすべきと強く訴えることが、明日やることのタスクリストを作ること。目安はタスクひとつにつき所要時間15分。
もちろんロケットスタートをきって、全体の2割の時間で8割の仕事を片付けましょう。
半年だけでも耐えて成果をあげてみよ、というのです。


まとめ

本書を頭から読み進めていると、ロケットスタート時間術についてのノウハウ本と勘違いしてしまいます。
しかしながら後半に向かうにつれ、中島さんから発せられる熱いメッセージが中心になってきます。

「嫌なことで人生を浪費するぐらいなら、さっさと終わらせて好きなことを探してみよ」
「時間術はあくまで道具・ツールであり、それをどう使って人生を楽しみつくすのか」
「あなたは人生の締め切り=死について、どこまで向き合っているのか」
「何年生きるつもりで行動しているのか」
そんなヒリッとする命題が突きつけられます。

 

以前の書評

8年分の時間を何に使いますか?『できる人は超短眠!』堀 大輔 (フォレスト出版) - Life is enjoy and goodjob

と同様、本書『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』も是非ともみなさんに読んでいただきたいと思い、このエントリーを書き上げました。超短眠の内容も「時間」を重要視しています。僕は時間=命と考えているので、書かないわけにはいかなかったのです。この二冊は本当にオススメです。

ちなみに本ブログのタイトルである「Life is enjoy and goodjob」も中島さんのブログ「Life is beautiful」をもじったものだったりします。 

 

最後に中島さんの言葉でこの書評を締めくくりたいと思います。

自分が本当は何をしたいのか、何になら夢中になれるのかを、できるだけ早いうちに見つけ出すことはその後の人生にとって大きなプラスになります。そんな天職を得るための努力なら惜しむことはないし、けっして無駄にはなりません。そうやって「好きなことをして生きていく」ための努力を続けている限り、(ほかの人にとっては)つらいことも苦痛ではなくなるし、喜びに溢れる人生が送れます。
〜中略〜
そして、あなたの人生の仕事は、あなたの仕事を終わらせることではなく、人生を思いっきり楽しむことです。

 

【書評】8年分の時間を何に使いますか?『できる人は超短眠!』堀 大輔 (フォレスト出版)

 

睡眠に関する本は世間にごまんとあります。

本書は、そういった本とは一線を画します。
世間一般に知られている睡眠に関する常識をひっくり返して睡眠業界に革命を起こす画期的な一冊です。当たり前と考えていたことを真実をもってひとつずつ反論していく様は、常識に縛られていた身としては圧巻の一言。
常識からかけ離れたものとして「ショートスリーパー(短眠者)」があります。睡眠時間がごく短くても活発に活動できる人がいる、ということを皆さんも聞いたことがあるでしょう。明石家さんまさん、武井壮さん、GACKTさんが有名ですね。なぜ短眠であっても健康な体を維持し衰えを知らず、圧倒的なパフォーマンスを発揮できるのか。
答えは本書にあります。
睡眠時間が短いということはつまり"活動時間が長く"なるのです。今まで通りに生活していては到底手に入れることができなかった時間を活用して、よりよい人生を送る手引きとなるでしょう。

 

睡眠時間を削らずに活動時間を長くする

著者の堀 大輔氏は6年間1日45分以下しか睡眠をとっていない「ショートスリーパー」です。さらに独自のメソッドで600名ものショートスリーパーを育てたとのこと。しかも成功率は99%!(残り1%はナルコレプシーという睡眠障害をお持ちの方だったそう)体調の悪化を訴える方もいらっしゃらないそうです。

「睡眠によって疲労が回復する」「7時間眠らないと寝不足である」といった常識を真っ向から否定します。

時間術といった小手先のテクニックに頼らず、睡眠時間を短くすれば時間が捻出できるのだ、という当たり前のことに気付かせてくれるのが本書の魅力のひとつです。
段階を踏んで短眠を身につけるノウハウが書かれているのですが、一つ一つが本当にお手軽で簡単なんです。怪しいサプリなどを買わされるわけではないので安心してください(笑)

あなたの身体にすでに備わっている機能を呼び起こすだけでショートスリーパーになれるのです。

 

睡眠に関する思い込み

皆さんが思わず唸ってしまう事例を紹介しましょう。それは睡眠に関する思い込みについて。

「昨日XX時間しか寝てないから眠いわ~」なんて声はよく聞きますよね。著者はこれも真っ向から否定します。
メアリー=カスケイドンの実験では被験者に陽の光が入らず、時計もない部屋で3時間睡眠をとらせました、ひとつのグループには「あなたは3時間しか寝ていない」と伝え、もうひとつのグループには「あなたは8時間眠っていた」と伝えます。
もうお分かりでしょうが「3時間寝ていた」と伝えたグループの全員が睡眠不足を訴えたのです。
不思議です。

 

疲れているからよく眠る、疲れていなければあまり眠らない。果たしてそうでしょうか?堀氏はこの常識さえも喝破してしまいます。

これがまた分かりやすい事例なんですよ。

皆の憧れの職業「ニート」を引き合いにだしてくるのです。
ニートは普段家に引きこもっているので、身体的な疲れはたまりにくいはずですよね。それならばと睡眠時間を尋ねたところ睡眠時間はみんな平均して9〜11時間だったそう。(サンプルは著者のまわりのニート経験者だそう)
おかしいですよね。


このニートの睡眠問題の説明にもってこいなのが動物園で飼育されている動物たち。野生で生活するキリンの睡眠時間は20分、シマウマは1時間です。
動物園で生活するそれら動物の睡眠時間は4時間にものぼるとのこと。
緊張感でいえば弱肉強食の世界で生きる野生のほうが高く、動物園のそれとは比べものにならないでしょう。
つまり疲労と睡眠時間には因果関係がないと言い切れるのです。

 

人間ってつくづく「習慣の生き物」ですよね。それに加えて「思い込みの生き物」。

自分でも思い当たる節があって、仕事で多忙な時ほど体調がよかったんです。その当時は不思議だなと思っていただけでしたが、本書を読んで腑に落ちました。

 

著者 堀大輔さんについて

著者である堀 大輔さんは兵庫県尼崎市生まれでGAHAKU株式会社の代表取締役、社団法人日本ショートスリーパー育成協会理事長をされています。

僕の生まれは大阪府豊中市で、尼崎市とは隣りなので親近感が湧きましたね。
音楽活動や絵画、ギター演奏にくわえギター自体の製作や速読と非常に幅広い特技をもたれています。
幅が広い分、睡眠時間が8時間では時間が足りなくなり、短眠の実践をされ今に至るそうです。

 

子育て世代にこそ読んでほしい

疲れがとれると思っていた長時間睡眠のあとに体がだるかったり、眠る時間が短くても眠気を感じずにいつも通り活動できた経験が皆さんにもあると思います。

僕は二児の父親でもありますが、本書は子育て世代にこそ是非読んでほしい!子どもが生まれると自分の時間というのはなかなか取れなくなります。特に年齢が低いうちは。
短眠を身につけることができれば人生という限られた時間の中で、自由な時間をさらに得ることができるようになります。
自己の成長にあてますか?大切な人のために使いますか?

 

まとめ

結婚して子どもが生まれてからいかに自分の時間を確保するかを考えてきました。方法としてはシンプルに早寝早起きをすることで捻出していたのですが、本書を読んで180度考えが変わりました。

これからは短眠だ、と。

睡眠とは一生付き合っていかなければなりません。面倒なものと目を背けずに愛でるべき存在として向き合うことが大事です。
こと睡眠に関しては 人それぞれ悩みがあることでしょう。
毎日が忙しくて寝不足だ
睡眠時間が長くても短くても体がスッキリしない
などなど

短眠を身につけるための習慣は7つあります。
どれも手軽に始められます。

習慣① 二度寝やスムーズ機能使用の禁止
習慣② 自分の睡眠を記録する
習慣③ 起床時間を固定する
習慣④ 1日1回はパワーナップ(15分程度の仮眠)をとる
習慣⑤ 眠る前にストレッチをすることを習慣にする
習慣⑥ 週に1〜2回であれば長時間睡眠OK
習慣⑦ 本書を1日1回は広げて、短時間睡眠の知識を上書きする

ちなみに短眠によって一生でどれだけの時間が捻出できるのか計算してみました。

(例)年齢30歳 寿命を80歳、睡眠時間を7時間から3時間に短縮
<睡眠時間の累計>
(80-30)*365*7=127,750時間
(80-30)*365*3=54,750時間
<差し引き>
127,750-54,750=73,000時間=3041日=およそ8年

つまり睡眠時間が7時間から3時間に圧縮し寿命までこの習慣を続けると、一生で8年間もの時間を余分に使うことができるのです!
単純化したとはいえ思いもよらないの数字です。

そうこうしているうちに時間は過ぎていきます。
刻一刻と。